うつ病の原因と治療方法|心の病に対する理解を得る

うつ病の基礎知識こころの風邪を治そう

心的症状について理解する

医者

うつ病を患ってしまった時には、心的症状と身体的症状が現れます。心的症状というのは心に現れる症状のことを指し、身体的症状は身体に現れる症状になります。どちらの症状も、日常生活に支障をきたす症状となっているのです。

もっと読む

おすすめサイト

  • うつアカデミー

    うつは記憶力を悪くさせる作用も持っています。ですので、最近忘れっぽいと思っているのなら、注意するべきです。
  • うつ病サプリ

    うつにはサインがあるので、見逃さないようにするためにはサイトを開いてみるのが得策です。気になるならサイトをチェック!

身体に現れる様々な症状

スーツの男性

うつ病によって引き起こされる身体的症状の多くは、日常生活に支障をきたす要因となるものばかりとなっています。より早くそれらの症状を改善したいと考えるのであれば、専門の医療機関を受診しましょう。

もっと読む

脳機能の低下とうつ病

カウンセリング

近年、「うつ病」と呼ばれる病名が広く知られるようになりました。うつ病というのは心の病で、この病気に掛かってしまうと心の健康を保つためのエネルギーが不足してしまうのです。その結果、心のバランスが崩れてしまい、感情を上手くコントロールできなくなってしまいます。どうしてそういったことになってしまうのか、現代医学では完璧に解明できている訳ではありません。ただ、一説では脳の働きか関係しているのではないかと言われています。脳内では様々な神経伝達物質が分泌され、それが感情に影響します。うつ病を患ってしまうと脳の働きが鈍くなり、それらの神経伝達物質の分泌バランスが崩れてしまうと言われているのです。脳機能が低下してしまう原因は周囲を取り巻く様々なストレスにあると考えられています。ストレスにより脳機能が低下した際、分泌バランスの乱れにより感情に影響を及ぼす神経伝達物質というのは、セロトニンやノルアドレナリンです。セロトニンは幸せを感じた際に分泌されるホルモンで、ノルアドレナリンは不安感等を和らげる効果をもったホルモンになります。それら2種の神経伝達物質の分泌バランスが乱れた時、幸せを感じられなくなったり、常に不安感が付き纏ったりしてしまうのです。ただ、これはうつ病の原因だと考えられている説の一つにしか過ぎません。しかし、現在ではこの説に則った治療法が最善策だと言われています。その治療法というのは、投薬治療によりセロトニンやノルアドレナリンの分泌バランスを整え、徐々にうつ病の症状を緩和していくといったものです。時間の掛かる治療法ではありますが、効果的な治療法だと言えるでしょう。

うつ病改善のために投薬治療を受ける際には、生活習慣の改善も必要不可欠になります。脳内神経伝達物質のセロトニンは、十分な睡眠を取ることによって増加させることができるのです。逆に、十分な睡眠が取れていないと減少してしまいます。投薬によるうつ病治療では、セロトニンを増加させ分泌バランスを整えることを目的としています。そのため、質の良い睡眠をとることが大切になるのです。また、うつ病の状態というのはストレスによる影響を強く受けてしまいます。ストレスは症状を悪化させる原因となるため、ストレスのない環境を整えたうえで治療を進めていくことが大切になるでしょう。そういった環境を整えるためには、周囲の協力が必要不可欠になります。周囲に協力してもらうためには、周囲の人々がうつ病のことを正しく理解している必要があるのです。周囲がその症状や治療法について正しく理解し、サポートすることによってうつ病はより早く治すことができるのです。周囲の理解が得られず、協力してもらうことができなかった時には、治療を進めても症状を改善することは困難でしょう。なぜなら、この病気を患ってしまうと人一倍罪悪感を抱きやすくなってしまうからです。例えば、治療のために仕事を休む必要がありますが、自身が休むことによって周囲に迷惑を掛けてしまうという罪悪感を抱く原因にもなります。その時、職場の方々が理解をもってサポートし、休みやすい環境を整えてあげることで、罪悪感(ストレス)を抱くことなく治療を進めていくことができるようになるのです。

性格と気質を知る

女性の後ろ姿

うつ病を患ってしまう人の多くには、性格と気質において共通する点が見られます。性格については真面目・完璧主義といった性格が共通点として見られ、気質については循環型気質や執着気質、メランコリー親和型気質という気質が挙げられます。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加